日本語しか話せないのに香港へ移住してみた

ヤマンバ→No.1キャバ嬢→バツ2→会社経営→香港移住

中国から新型SARS!?新型コロナウイルスとはどんな症状の感染症で今後どうなるのか!!

香港に住んで1年と少し。

デモが起きたり警察が催涙弾を撃ちまくったりして生活にも支障をきたしているというのに、ここにきて新型SARSと言われている「新型コロナウイルス」が中国で流行し、世界中に猛威を奮い出した。

私は日本と香港を行き来する身だし、彼は中国出張もあったりする人なので全く人ごとではない。

というか日本に住んでいる人にも全然人ごとじゃない!

なので今回はそんな新型SARS、新型コロナウイルスについての情報をまとめていこうと思います。

<随時更新してます!>

 

 

SARSとは

 

まず、SARSというのは「コロナウイルス」というウイルスが原因で2003年に世界中で流行した肺炎のことです。

中国の広東省から広まって、最終的には世界中の8000人以上もの人が感染、774人の方が亡くなってしまいました。

 

 症状

 

SARSの症状は、主に高熱が出ることです。

そして痰のない咳、息切れ。

潜伏期間は2日〜10日で、潜伏期間中には他の人に感染しないと言われていました。

あとは子供は感染しづらく、治りも早かったようですね。

SARSになった人は最初はインフルエンザと勘違いする人が多かったみたいですが、後から筋肉痛や頭痛、下痢などの症状を訴える人もいたそうです。

 

 原因

 

ではSARSは何が原因で大流行してしまったのかというと、それは「ハクビシンやコウモリ」だと推測されています。

中国の市場は日本のような肉や魚だけではなく、蛇だったり両生類だったり、珍しい生き物がたくさん売られている事はご存知ですか?

よく「中国人は椅子とテーブル以外の4本脚は全て食べる」とか言いますが本当にその通りで、つい最近なんかは生きたままのネズミを食べている動画や、コウモリを食べている動画、カエルを生で食べている動画などがTwitterで拡散されて有名になっていました。

そのハクビシンやらコウモリやらを食べた人がSARSを発症し、次から次へと感染、気がついたら8000人以上もの感染者を産んでしまったのです。

 

 結果

 

中国広東省から発生したSARSは世界中を駆け巡り、たくさんの犠牲者を出してしまったわけですが、結果、中国の市場からハクビシンを売るのをやめた途端、流行は終わったそうです。

しかし最後までSARSが治る完璧な薬は作ることができず、すでに感染してしまっている人たちは隔離病棟に移動し、人工呼吸器をつけたりステロイド剤を使ったりと様々な方法を使って集中的に治療をしたそうです。

 

新型SARSとは

 

では最近になって急に流行り出した新型SARS、新型コロナウイルスとはなんなのか!?ということについて説明していこうと思います。

2003年に大流行したSARSや今回発生している新型SARSは、どちらも「コロナウイルス」という菌が原因となっています。

しかしコロナウイルスと新型コロナウイルスはどちらも似て非なるもの。

新型コロナウイルスの方が感染力も高く死亡者も多くなっています。

今の段階では新型コロナウイルスがどんなウイルスなのかはあまりわかっていないのが現状で、今後どうなっていくかに注目する必要がありますね。

 

 症状

 

2003年のSARSととても症状は似ているのですが、今回の新型SARS症状は主に発熱と痰のない咳。筋肉痛や息切れだと言われています。

最初の1週間は症状は軽いのだがその後一気に悪化し呼吸困難に陥ったり意識を失うというケースが多いそう。

 

しかし人それぞれでかなり違うケースも見られているので、早期発見がかなり難しくなっています。

検査では陰性と出たのに1週間経ってからやっぱり陽性反応が!と気がついたときにはその周囲も新型コロナウイルスに侵されてしまっている。というようなことが何度も起きているんですよね。

発熱の症状がないまま亡くなってしまった方もいるので(少数派ですが)そこがとても怖いところです。

 

初期に亡くなった17人のうち

  • 9人は持病を抱えていた
  • 15人は60歳以上だった
  • 13人は男性だった

ことも発表されました。

 

その後も次々と感染が広まり最新の研究では、全体的な感染者の

  • 7割が40歳以上
  • 7割が男性
  • 3割は持病を持っている
  • 致死率は2.1%程

と推測されているようです。

 

やはり感染者の中にはほとんど症状が出ていない人もいるので、感染したことに気がつかないまま菌がばら撒かれてしまっている可能性が高いです。

めちゃくちゃ怖いですね。

そして死亡者数も1114人と更新されました。

今後も拡大することは確実でしょう。

 

f:id:sachara0425:20200131133956j:plain

 

 潜伏期間

 

新型コロナウイルスの潜伏期間は、今の感染者の平均だと3日で、短い人だと1日、長い人で24日でした。

24日間も潜伏するのだったらその間にどれだけ感染が広まってしまうのか。

現在発表されている正確な感染者の数は44742人。

しかし専門家によると、実際の中国での感染者数や死亡者数は実際にはもっといるのではないか、なんて指摘も出ています。

 

しかも現在で既に4次感染まで確認されていると。

1人の人からどんどん連鎖的に広く、新型コロナウイルスが感染しているのです。

どうやって感染するのかというところに現在注目が集まっていますが、明確なことは発表されていません。

 

 いつどこで産まれたのか

 

では今回の新型SARSはいつどこで発生したのかというと、これも2003年のSARS同様で「市場」だという可能性が高いです。

中国の武漢という場所に市場があるのですが、そこにいるコウモリやヘビやネズミやアナグマが怪しいと言われていて、最初に感染した人達もこの市場の従業員や利用客だったことがわかっています。

 

しかし最新の情報では、「新型コロナウイルスは中国の生物兵器を研究する施設から漏れ出したウイルス」との噂話も。

結局今はまだ感染源は突き止められていませんが、新型コロナウイルスはそうした感染源から人から人へ感染し、今では香港、日本、フィンランド、ドイツ、ネパール、マカオ、イタリア、フランス、インド、タイ、マレーシア、スリランカ、シンガポール 、オーストラリア、カンボジア、ベトナム、フィリピン、台湾、韓国、アメリカ、カナダなどにも感染者が出てしまっています。

 

世界中からアジア人への差別も広まっている現状。

早く感染源を突き止めて、これ以上の拡散を防げたらいいのですが..。

 

 今後どうなる?

 

この新型コロナウイルスが今後どれだけ拡散されるのか、感染源は何で、どんな治療をして、いつ頃に治るものなのか、というのは正直まだ明確なことがわかっていません。

現在中国、アメリカ、ロシアなどの研究者が新型コロナウイルスに対するワクチンを開発中との事で、これが成功する事を祈るばかり。

そしてタイでは、インフルエンザとエイズの治療薬を使うと症状が改善することがわかりました。

しかしこのウイルスが人から人へうつるという事は確実ですし、旧正月というタイミングでたくさんの中国人がコロナウイルスを潜伏させたまま日本に入ってきてしまったことが確認されています。

日本政府がたいした対策も練らなかったせいで、日本でも既に25人の新型SARS患者が確認されていますし、日本に停泊中のダイヤモンドプリンセス号には135人の感染者が確認されていますね。

 

f:id:sachara0425:20200204083602j:plain

 

 予防法

 

では私たちができる新型SARSへの予防といえば、マスクや手洗い、うがいなどしかありません。

そして予防ワクチンもなければ治療法すら見つかっていないので、極力人が大勢いるところを避けるなどするしかないでしょう。

目から粘膜を通しても感染すると言われているので、メガネやサングラスも予防になります。

身の回りのものをマメに除菌するなどするのもいいですね。

 

マスクが品薄で大変ですが、周囲と助け合いながら確保できるといいと思います。

私が住む香港ではマスクだけではなく、トイレットペーパーやキッチンペーパー、ティッシュなどの紙類、掃除用品や水までが全て品薄状態でなかなか手に入りません。

日本も今後感染者が広がると同じようなことが起きるかもしれませんので気をつけてくださいね。

そしてもしも新型SARSの疑いがある症状が出たのなら、速やかに病院に受診してください。

 

私たちができること

 

正直今回の新型コロナウイルスについて日本政府の対応はかなり遅いと私は感じています。

日本での感染者も今後もどんどん拡大していくことが予想できます。

なので政府が何も規制しないからといって自分も何もしないというのではなく、予防を徹底したり、中国人観光客が集まるような場所へは近づかないなど、自分でできることから実行していった方がいいでしょう。

 

そして新しい情報は常にチェックするように心がけることが、自分だけではなく家族や友達などの大切な人を守ることにつながるのではないかと思います。

まだまだ正体のわからない新型SARSですが、私も今後どんどんこのブログを更新して情報提供できたらいいなと思います。

読んでくれた人ありがとうございました!